Products

商品情報

BUMAX®高強度ステンレスボルト

ステンレスファスナー締結、設計上の妥協?
BUMAX®が、すべて解決します!

腐食環境や高温使用条件下でのファスナー締結設計は、対策としてステンレス鋼やニッケル合金鋼製のファスナーを使用しますが、それらの材料特有の性質・限界のため、設計者は強度やコスト等いろいろな妥協の中での設計を強いられてきました。1660年創業のスウェーデンBUFAB社の 『ステンレスの常識を超えたステンレスファスナー』BUMAXは、設計上のあらゆる妥協を解決します。

BUMAXの7つの特徴

1. 高強度

SUS304(A2-50)の4倍、SUS316(A4-70)の2倍の耐力

ステンレス鋼でありながら鋼製ボルトと同じ強度クラス10.9を満足するBUMAXは、一般ステンレスボルトであるSUS304(A2-50)及びSUS316(A4-70)と比べ、それぞれ4倍、2倍の強度(耐力)を有します。
SUS304(A2-50)の20ミリ径のボルト設計をBUMAXでは10ミリ径まで小型化でき、重量比で 4分の1の軽量化を達成しました。

BUMAX高強度(耐力)特性によるボルトのサイズダウン

BUMAX高強度(耐力)特性によるボルトのサイズダウン

上の4つのサイズは同じ強度なので、M20からM10に替えると重量を約1/4まで減少できます。

機械的特性比較
特性

材料名
引張強度 耐力
MPa kg/m㎡ MPa kg/m㎡
A2-50 500 51 210 21.4
A4-70 700 71.4 450 45.9
A4-80 800 81.6 600 61.2
BUMAX 88 800 81.6 640 65.3
BUMAX 109≦M12 1,000 102 900 91.8
BUMAX 109≦M16 1,000 102 800 81.6

ステンレスボルト締結

高強度だから可能になったダウンサイジングによる生産コストの大幅削減!

BUMAX109を使用することにより、右側のフランジジョイントを左側のように小さく設計し製作することができました。(比較のためにタバコの箱を添えました。)

2. 耐食性

海洋環境下での10年テストでも腐食の発生は無し

沿岸地域における10年間の大気暴露ではSUSに比べ良好な結果を得ており、20%硫酸腐食試験でもSUS316と比べ3倍の耐食性を証明。海中に露出する船舶使用でも30年の耐食性を保証。他のステンレスボルトを凌駕する圧倒的な耐食性を保証します。

化学成分比較・硫酸腐食試験のチャート
  化学成分比較
(耐食性を向上させる主要元素 単位:%)
硫酸腐食試験
(H₂SO4、50℃、mm/年)
材料名 C(max) Cr Ni Mo 3% 10% 20%
A2-50(SUS304) 0.08 17・20 8・13 1.08 3
A4-70(SUS316) 0.08 16・18 10・14 2・3 0 0.3 1.3
A4-80(SUS316L) 0.03 16・18 10・14 2・3 0 0.3 1.3
BUMAX 88/109 0.03 16.5・18.5 10.5・15 2.5・3.5 0 0.04 0.44

3. 耐熱性

大気中の最高使用温度600℃を保証

SUS304・SUS316は通常400℃まで使用可能ですが、BUMAXは50%アップの600℃まで使用可能です。マルテンサイト系材料を熱処理することで強度を高めたステンレスボルトでは、最高使用温度をBUMAXの3分の1の200℃に設定しています。ここでもBUMAXはあらゆるステンレスボルトに比べ抜群の耐熱性を発揮します。

温度別残留忍耐力
温度 ℃
材料名
100 200 300 400 500 600 耐熱温度
A2-50(SUS304) 85 % 80 % 75 % 70 % 450-500℃
A4-70(SUS316) 85 % 80 % 75 % 70 % 450-500℃
BUMAX 88 90 % 90 % 85 % 80 % 75 % 70 % 500℃
BUMAX 109 95 % 95 % 95 % 90 % 90 % 85 % 600℃

4. 非磁性

透磁率1.006(BUMAX 88)抜群の非磁性

ステンレスの特性のひとつに非磁性があります。透磁率が1.000に近ければ近いほど非磁性と言えます。(いわゆる磁石に付かない)SUS304(A2-70)でも透磁率が1.400ですから、BUMAXが有する透磁率1.006の優れた非磁性がお分かりいただけます。非磁性環境を必要とする各種精密電子機器に安心してご使用いただけます。

透磁率の比較
A2-70(SUS304) 1.400
A2-80(SUS304) 1.800
A4-80(SUS316L) 1.012
BUMAX 88 1.006
BUMAX 109 1.007

5. 焼付き性

ボルト締付け時の摩擦係数はSUS316の50%以下

摩擦係数は一般ステンレスに比べ極めて低く仕上げており、締め付け作業を良好に行うことができます。

ボルトの材料による摩擦係数の比較
材料名 摩擦係数
A4-80(SUS316) 0.42
BUMAX 88 0.19
BUMAX 109≦M12 0.11

6. 低価格

高価なニッケル合金を安価なBUMAXボルトに転換

今までは耐食・耐熱性をおとさずに高強度ボルト締結設計を行う場合、A286やINCONEL716等のニッケル合金を使わざるを得ないのが実情でした。反面ニッケル合金ボルトは大変高価でコスト面では大きなハンディキャップとなっていました。
BUMAXはオーステナイト系で、純度の高いスウェーデン鋼 SUS316Lモディファイ材を使用し、六角ボルト・六角穴付きボルト・ナット・ワッシャーをミリ・インチの両方で標準生産し、これだけの高機能ながら小箱単位で在庫販売しています。短納期と合わせ、コスト削減にも大きく貢献します。

7. CO₂を削減しクリーンな環境を実現

BUMAXでは高強度化による軽量化が可能であるため、省資源・省エネを実現する環境に優しい製品です。また、ボルトの製造過程で熱処理を行わないため、CO₂の削減・クリーンな環境の維持を実現しています。

アプリケーション例

  • プラットフォーム(海上構築物)

    プラットフォーム
    (海上構築物)

  • 原子力プラント

    原子力プラント

  • トランスミッション

    トランスミッション

  • 圧力ボイラー

    圧力ボイラー

  • 製紙ライン

    製紙ライン

  • 海底敷設機器

    海底敷設機器

  • スクリュー

    スクリュー

  • 水力発電

    水力発電

  • 粒子加速装置

    粒子加速装置

  • タンカー

    タンカー

  • ターボチャージャー

    ターボチャージャー

  • 化学プラント

    化学プラント

商品に関するお問い合わせはこちら

このページのトップへ